Googleのモバイル検索変更に伴って「モバイルフレンドリー・オプティマイザー」開始

アイレップ、「モバイルフレンドリー」なサイトに向けて課題に対する改善施策を提供
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングのアイレップは、Googleが4月下旬に実施を予定するモバイル検索のアルゴリズム変更に伴い、新たなサービス「モバイルフレンドリー・オプティマイザー」を始める、と3月6日発表した。検索結果を最適化できるGoogleのツール「Googleウェブマスターツール」で確認可能なモバイルユーザビリティ内のエラーリストデータを基に、分析・分類、課題とされる内容への改善施策を提供する。要件で日数は異なり、価格は都度見積もり。

アルゴリズム変更は、モバイル検索でスマートフォンやタブレットなどモバイル機器でも閲覧・利用しやすい設計「モバイルフレンドリー」なサイト・ページかどうかをランキングの要素にする。現在のモバイル検索の順位は、パソコンと同様のアルゴリズムのため、パソコン版と連動した順位になっている。モバイルフレンドリーを優遇するアルゴリズムが実装されると、未対策のサイトは接触機会を失う可能性があることから、サービスを提供することにした。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]