警視庁がネット詐欺への注意を促すためにお笑いコンビの髭男爵を起用したPRを開始

手口と対策を取り上げるとともに被害に遭わない対処法を動画やリーフレットで紹介

警視庁は、インターネット詐欺への注意を促すことを目的に、「ルネッサーンス」のギャグで知られるお笑いコンビ、髭男爵(ひげだんしゃく)を起用したウェブサイトでのPRを5月27日に始めた。ネット詐欺の主な手口と対策を取り上げるとともに、被害に遭わないための対処法を髭男爵の動画やリーフレットで紹介している。

「知って防ごうネット詐欺!」と題した注意喚起。サイバーセキュリティ啓発に関する髭男爵の漫才と、ネット詐欺の具体的手口について髭男爵が事例や対策を寸劇で紹介して解説を加えた動画を用意した。手口は、ニセ警告(サポート)詐欺▽ニセ銀行詐欺▽ニセ宅配詐欺▽ニセショップ詐欺▽ニセアプリ詐欺▽ニセ投資詐欺。

リーフレットは髭男爵の写真と「ネットには危険もあるやないか~い」などの文があり「警視庁からのタイセツな、お知らせ」として「タ=ダウンロードは慎重に」「イ=いますぐアップデート」「セ=セキュリティソフトを導入しよう」「ツ=使いわけようパスワード」と記した。各手口のや対処法も文章で紹介している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]