電通デジタルがデータクラウド「Snowflake」を活用した全社DX推進サービスを開始

戦略策定からデータ利活用まで課題に対応した5つのコンサルティングメニューを設定

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、データクラウド事業の米国Snowflake(スノーフレーク)の日本法人、Snowflakeが提供するデータクラウド「Snowflake」を活用した全社DX(デジタル変革)推進サービスを始めた、と5月28日発表した。戦略策定からデータの利活用まで、企業の課題に対応した5つのコンサルティングメニューを設定した。

企業の全社DXの推進には、社内に散らばる膨大なデータの迅速な収集と活用が不可欠だが、データ基盤の整備で複数製品の連携やコストなどが課題とされる。データクラウドのSnowflakeは大量のデータの効率的な統合管理が可能で、データ基盤に導入するケースが増えているという。電通デジタルはDX推進分野の専門性を生かしてサービス展開する。

コンサルティングメニューは①DX②IT構想策定③データ利活用④データマネジメント⑤グローバル支援--。①はデータ基盤としてSnowflakeの導入を検討する段階でデータ基盤の活用やDX推進の構想策定を支援し、デジタルマーケティング戦略を策定。③はデータの利活用方針策定、分析業務、運用業務の改善を支援し、ビジネス活動を高度化する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]