LINEヤフーが法人向けに生成AIの業務活用を学ぶ「データ・AI活用人材育成プログラム」を提供

未経験や初心者でもIT技術を使いこなす「文系デジタル人材」育成を支援、4つのコースを展開

LINEヤフーは、法人向けに生成AI(人工知能)の業務での活用法などが学習できる「データ・AI活用人材育成プログラム」の提供を始めた、と1月29日発表した。プログラミング教育事業のキラメックスと連携して実施する。リスキリング(学び直し)が重視される中、未経験や初心者でもIT技術を使いこなす「文系デジタル人材」育成を支援。4つのコースを展開する。

コースは「AI活用アカデミア(通常版)」「AI活用アカデミア(短縮版)」「Webアプリケーション開発」「データ活用基礎」の4つ。各企業のニーズに合わせて選択できる。AI活用アカデミアは、AIの基礎知識・最新技術紹介、生成AIの活用・実践、AIプロジェクト推進などの講座がある。全7回で、通常版は約4カ月、短縮版は約1カ月で受講できるように設計している。

Webアプリケーション開発はWebエンジニアに必要なスキルの習得が目的。データ活用基礎は定量データ分析や統計解析などの研修プログラムとなる。LINEヤフーはこれまで、グループ企業に企業内大学「LINEヤフーアカデミア」でAI活用アカデミア、コンシューマ向けにWebアプリケーション開発、社員を対象にデータ研修を提供してきたが、今回法人向けに提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]