アドビが「教育・DX人材開発事業本部」新設、学校から社会人までデジタル人材育成強化

学校・企業・民間への教育プログラム提供や産学連携による地域人材育成の支援など計画

米国Adobeの日本法人、アドビは、社長直下の組織「教育・DX人材開発事業本部」を新設し、教育市場向けマーケティングを統括してきた小池晴子氏が本部長に就任した、と4月6日に発表した。新組織は、デジタル人材の育成で学校教育から社会人のリスキリング(学び直し)まで支援する。学校・企業・民間への教育プログラム提供や、産学連携による地域人材育成の支援などを計画している。

 

デジタルスキルの育成で特に重視する①デジタルクリエイティブツールを活用した制作とコミュニケーションスキル(UI/UX、デザイン、写真加工、動画制作)、②デジタルマーケティングツールを活用したデータサイエンススキル(データ分析、エンゲージメント管理、顧客体験設計)、③デジタルドキュメントツールを活用したデジタルワークフロー実現スキル――3つの領域に注力する。

小池晴子氏は、教育関連企業で通信教育事業、教室事業などの商品開発責任者を務め、米国のEdTechベンチャーの日本オフィス立ち上げに参画。2017年にアドビに入社し、マーケティング部で教育市場に働きかけた。22年12月からマーケティング本部執行役員。23年4月から現職。小池氏はダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進担当も兼務して多様性のある企業風土の醸成に努める。社外のD&I啓発活動にも積極的に参加する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]