「Instagram」と「Facebook」で10代のユーザー向けにより厳しいメッセージ設定導入

Meta、知らないユーザーからメッセージを受け取る機能をオフ、望まないやり取り防止

米国Metaは、同社が運営するSNS「Instagram」と「Facebook」で、10代のユーザー向けに、より厳しいメッセージ設定を導入する、と1月26日発表した。10代のユーザーがフォローしていなかったりつながっていなかったりするユーザーからメッセージを受け取る機能を初期設定(デフォルト)でオフにする。望まないやり取りから守ることが目的。

この初期設定は16歳(特定の国は18歳)未満の全ユーザーに適用される。10代のユーザーは、既にフォローしているか、つながっているユーザーからだけ、メッセージを受け取り、グループチャットに追加される。ダイレクトメッセージ(DM)の送信元が10代の場合も含む。10代のユーザーは知らないユーザーからDMで連絡を受け取ることがなくなる。

10代のユーザーの利用を保護者が管理する仕組み「ペアレンタルコントロールツール」を使用している10代のユーザーは、設定を変更するために保護者の承認が必要になる。メッセージサービス「Messenger」も同様の設定となり、16歳(同)未満のユーザーは、Facebookの友達か電話帳などでつながっている人からしかメッセージを受け取れない。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]