「Instagram」で今の気持ちや近況を短いテキストでシェアする新機能「ノート」日本でも

「ダイレクトメッセージ(DM)」画面に60文字以内のテキストを残してやり取りのきっかけに

Metaは、「Instagram」に、今の気持ちや近況を60文字以内のテキストでシェアする新機能「ノート」を1月30日(米国時間)に日本にも導入した、と同日発表した。ユーザー同士が直接メッセージをやり取りする機能「ダイレクトメッセージ(DM)」の画面にテキストを残すことができる。米国など一部の国で2022年12月に提供を始め、今回、日本や英国、欧州圏に拡大した。

フォローバック(フォローされた相手にフォローを返すこと)しているフォロワーや、親しい友達リストに登録しているアカウントに向けてテキストを残せる。投稿したノートを見られるのは自分と、共有範囲に指定されたアカウントだけで、DMの受信箱の最上部に24時間表示される。他の人のノートをタップするとDMで返信できる。ノートを残しても相手には通知されない。

友達やフォロワーと気軽につながる新たな方法を作るため、文字だけのフォーマットにした。友達だけに通じる話やふとした疑問などささいなことも手軽に共有でき、やり取りを自然に始めるきっかけになるという。投稿するには、DMを開いて受信箱の一番上にある自分のプロフィールアイコンをタップし、テキストを入力して共有範囲を選び「シェアする」をタップする。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]