Metaが「Messenger」で「ペアレンタルコントロールツール」を日本など世界で提供開始

保護者は10代の利用者の連絡先、プライバシーとセキュリティ設定変更など確認可能に

米国Metaは、インスタントメッセージングサービス「Messenger」で「ペアレンタルコントロールツール」を日本を含むグローバルで提供を始めた、と8月30日(米国時間)発表し、日本語訳を8月31日に公表した。10代の子供のMessengerの利用状況について、保護者はプライバシーを尊重しながら見守ることができる。アメリカ、イギリス、カナダでは6月27日から先行して提供していた。

Messengerでは初となるペアレンタルコントロールツール

Messengerで初のペアレンタルコントロールツールは、10代の利用者のMessengerの連絡先や、プライバシーとセキュリティ設定の変更の最新情報を保護者が受け取ることができる。誰のアカウントと情報共有を選択したか、「友達のみ」「友達の友達」「誰でも不可」などのメッセージを送れる相手を確認できる。設定変更した場合に通知を受けたり、「Messengerストーリーズ」を誰が見ることができるかを確認したりできる。

Metaはこれまで、若年層がより安全でプライバシーを守るための機能や、10代の子供に広告を表示するために使用される情報、広告主が子供にリーチするための情報を制限するオプション、「Instagram」での体験をより管理しやすくするための機能などを提供してきた。ペアレンタルコントロールツールの詳細は、Metaの公式サイト内の「ファミリーセンター」に掲載している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]