Zoomがレイアウトなどプロ級外観のイベントを作成できる「Production Studio」提供

イベント制作会社への外注不要に、モバイルアプリから「Zoom Events」への参加も可能

オンライン会議システム「Zoom」を提供する米国Zoom Video Communicationsは、バーチャルイベントの外観をブランドイメージに合わせて魅力的できる「Production Studio」を8月24日(現地時間)発表し、日本法人のZVC JAPANが日本語訳を8月31日に公表した。イベント主催者向けソリューション「Zoom Events」と、シングルセッションイベント管理の「Zoom Sessions」のライセンスがあれば世界中で利用できる。

バーチャルイベントの外観を簡単に作成できる「Production Studio」

Production Studioには、ダイナミックなレイアウト選択や、画面共有レイアウトなどのカスタムブランディング、プレゼンター管理ツールなどの機能がある。専門的なデザインスキルがなくてもバーチャルイベントの外観デザインを簡単に作成でき、洗練されたプロ級のイベント開催できる。全社ウェビナーなど社内イベントや製品デモなどの社外マーケティングのイベントで、時間と予算をかけて制作業者に外注する必要がなくなる。

モバイルアプリをアップデートし、世界中の「Android」と「iOS」端末でZoom Eventsにアクセスできるようにした。イベント参加者は、既存のZoomモバイルアプリからハイブリッドイベントにアクセスできるので、1度しか使わないイベント固有のアプリをダウンロードする必要がない。モバイルアプリによって参加者は、外出先でも日程の管理やイベントのチャット、セッションのQ&A、ネットワーキングを簡単に実行できる。

さらにZoomは、イベントホスト向けのハイブリッド設定フローも拡張した。担当者がハイブリッドイベントのプランニングに苦労し、負担が倍増している現状を踏まえて、プロセスを簡素化する新機能をZoom Eventsに追加した。ハイブリッドチケットの発行や会場マップの追加、モバイルアプリでのハイブリッド体験の設定などの機能がWebポータルで提供され、担当者はテンプレートを使って簡単にハイブリッドイベントを設定できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]