スマホOSシェアはiOSとAndroidで真っ二つ。利用機種はiPhone「SE」が最多、Android最多は?【MMD研調べ】

キャリアサブブランドはiPhone、MVNOはAndroid利用率が高い傾向。

MMDLabo株式会社が運営するMMD研究所は、「2023年9月スマートフォンOSシェア調査」の結果を発表した。18歳~69歳の男女40,000人が対象で、調査期間は2023年9月22日~27日。

iPhoneは10代・20代の利用率が最多、Androidは60代の利用率が最多

全体のうち、メイン利用しているスマートフォンの機種を把握している34,564人に「スマートフォンのOS」を聞くと、「iPhone」50.0%、「Android」49.7%、「その他」0.3%で、iPhoneとAndroidでちょうど半々に分かれた。

年代別で見ると、「iPhone」は10代女性(n=484)がもっとも多く84.9%、以下20代女性(n=2,728)81.9%、10代男性(n=505)78.8%が続いた。一方「Android」は、60代男性(n=3,253)がもっとも多く62.4%、以下60代女性(n=3,333)60.9%、50代男性(n=3,903)60.7%が続いた。

また契約している通信サービス別にみると、「iPhone」はオンライン専用プラン(n=3,264)がもっとも多く61.9%、次いでキャリアサブブランド(n=6,196)55.7%だった。「Android」はMVNO(n=3,365)がもっとも多く63.0%だった。

あらためて利用機種を把握しているiPhoneユーザー(n=17,283)とAndroidユーザー(n=17,175)に、「メインで利用している端末のシリーズ」を聞くと、iPhoneでは、「iPhone SE」22.6%、「iPhone 13」17.6%、「iPhone 12」16.8%が上位だった。Androidでは、「AQUOS」28.0%、「Xperia」21.2%、「Galaxy」14.1%が上位だった。

また「次回購入したいスマートフォン端末」が決まっているiPhoneユーザー(n=10,618)とAndroidユーザー(n=10,087)に、機種名を聞いたところ、iPhoneユーザーは、「iPhone 15」53.1%、「iPhone SE」19.6%、「iPhone 14」9.8%が上位。Androidは、「Xperia」27.1%、「AQUOS」26.7%、「Galaxy」13.0%が上位だった。

調査概要

  • 【調査対象】18歳~69歳の男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年9月22日~27日
  • 【有効回答数】40,000人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]