iPhone 15シリーズ販売価格、日本は世界38の国・地域で最安【MM総研調べ】

“iPhoneの購入のしやすさ”を示す日本の「iPhone指数」は2.76%で22番目と下位。

MM総研(MMRI)は、「世界のiPhone販売価格」に関する調査結果を発表した。アップルストアでの直販価格を基準に、中国、日本、香港、米国、台湾、アラブ首長国連邦、オーストラリア、タイ、マレーシア、カナダ、韓国、スイス、ベトナム、シンガポール、インド、ルクセンブルク、イギリス、ニュージーランド、フィリピン、ドイツ/オーストリア、スペイン、フランス/オランダ/ベルギー、イタリア/アイルランド、ポルトガル/フィンランド、スウェーデン、チェコ、ポーランド、メキシコ、ノルウェー、ハンガリー、デンマーク、ブラジル、トルコについて、価格を比較した。

iPhone 15シリーズの日本販売価格は、ほぼ世界最安の水準

その結果、iPhone 15シリーズの日本販売価格は、iPhone 15(124,800円)、iPhone 15 Plus(154,800円)、iPhone 15 Pro(204,800円)、iPhone 15 Pro Max(249,800円)で、iPhone 15を除く3モデルは38の国・地域のなかで最安だった。なおiPhone 15の最安は中国で、日本は2番目に安い国だった。

世界のiPhone 15シリーズ販売価格(2023年9月時点)

一世代前のiPhone 14についても、iPhone 15発売前(119,800円)の価格から7,000円値下げされたことで日本は112,800円となり、2番目の安さとなっている。なおiPhone SE3の日本における販売価格は、iPhone 15の発売による変化はみられず62,800円だが、これも世界最安の水準だ。

世界のiPhone 14の販売価格
世界のiPhone SE3の販売価格 
日本のiPhone 14・iPhone SE3の販売価格順位の推移(安い順)

“iPhoneの購入のしやすさ”を比較するため、iPhone 15価格÷年間平均賃金を「iPhone指数」として算出すると、日本のiPhone指数は2.76%で38の国・地域のなかで22番目と下位にランクされた。もっとも小さいのはスイスで0.91%、もっとも高いのはインドで40.70%だった。

iPhone指数(平均賃金に占めるiPhone 15価格)

■調査概要

  • 【調査対象】中国、日本、香港、米国、台湾、アラブ首長国連邦、オーストラリア、タイ、マレーシア、カナダ、韓国、スイス、ベトナム、シンガポール、インド、ルクセンブルク、イギリス、ニュージーランド、フィリピン、ドイツ/オーストリア、スペイン、フランス/オランダ/ベルギー、イタリア/アイルランド、ポルトガル/フィンランド、スウェーデン、チェコ、ポーランド、メキシコ、ノルウェー、ハンガリー、デンマーク、ブラジル、トルコ
  • 【調査方法】アップルストアでの直販価格を比較
  • 【調査時期】2023年9月
  • 【調査基準】iPhone 15販売価格が安い順
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]