メイン利用している端末、iPhoneは「SE2」が人気、Androidはどのメーカーが1位に? 【MMD研調べ】

端末OSについては、「iPhone」45.7%、「Android」47.0%とほぼ拮抗。

MMD研究所は、「スマートフォンOSシェア調査(2021年12月)」の結果を発表した。スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女36,006人が回答している。メイン利用しているスマホ端末について、そのOSと機種名を聞いている。

・関連記事

引き続き10~20代はiPhoneを支持、Android利用は60代男性がトップ

まずOSについては、「iPhone」45.7%、「Android」47.0%、「その他のスマートフォン」2.2%となり、ほぼ拮抗している。「わからない」が5.0%あるため、明確にAndroidが上回ったとは言えない状態だ。なお前年2020年の類似調査からはほぼ数字の変動はないが、2019年調査からは「iPhone」が3.2ポイント増、「Android」が3.2ポイント減となっている。

また年代別にみると、iPhoneは10代女性がもっとも多く82.4%、以下20代女性、10代男性、20代男性が高く、若年層に支持されていることがわかる。一方Androidは、60代男性が58.9%と最も多い。

iPhoneユーザー、Androidユーザーそれぞれに具体的な機種名を聞くと、iPhoneユーザーは「iPhone SE(第2世代)」17.8%、「iPhone 7以前のiPhone」14.1%、「iPhone 8/iPhone 8 Plus」13.9%がトップ3だった。iPhoneは若年層に支持されているが、最新機種は端末価格が高く、次世代前の機種が人気のようだ。一方Androidユーザーは、「AQUOSシリーズ」30.6%、「Xperiaシリーズ」23.5%、「Galaxyシリーズ」14.3%と人気メーカーのシリーズが並んだ。

調査概要

  • 【調査対象】スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2021年11月15日~17日
  • 【有効回答数】36,006人
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]