ライブコマースでの購入経験率、世界8都市で東京は最下位2.8% EC事情調査【トランスコスモス調べ】

世界的なインフレがオンラインショッピングでの購買行動にも大きく影響?

トランスコスモスは、「世界8都市オンラインショッピング利用調査2023」を実施した。「ライブコマース」や「越境EC」の利用実態について、東京、上海、ソウル、ムンバイ、バンコク、ジャカルタ、ニューヨーク、ロンドンの8都市に住む男女2,560人に聞いている。

インフレ率が高い国ほど商品価格の上昇を実感

オンラインショッピングにおける1年前と比べた商品価格上昇

まず、オンラインショッピングにおいて、1年前と比べて価格が上昇しているかを聞くと、「非常に上がっている」と回答した人の割合は上図のようになった。ロンドン、ニューヨーク、ムンバイ、ソウルでは商品を問わず「価格が上がっている」との回答が多く、これは各国のインフレ率の統計とも一致している。また、カテゴリー別では「食品・飲料、日用品」のほか、「ファッション」や「家電」などの値上がりが大きいことがわかった。

商品の値上がりにともなって変化したオンライン買い物行動

続いて、商品の値上がりにともない、オンラインでの購買行動がどう変わったかを聞くと、いずれの都市でも「割引クーポンの利用」や「まとめ買いをするようになった」という意見が多く見られた。また、「越境ECの利用」も安く買う工夫のひとつとされており、特にムンバイやバンコクでは、商品カテゴリーを問わず約3割の人が「国内よりも安く購入できる海外ECサイトを利用するようになった」と回答していた。

バンコクでは6割以上が「ライブコマースでの購入経験あり」

ライブコマースの経験率、認知率

最後に、ライブコマースの認知率・利用経験率を調べると、最も高かったバンコクでは63.4%の人が「ライブコマースで購入したことがある」と回答した。上海でも54.7%が「購入経験あり」とし、日常的に利用していることがうかがえる。一方で、東京は他都市とは大きな差が見られ、ライブコマース購入者は2.8%と非常に低い水準にとどまった。

調査概要

  • 【調査手法】グローバルパネルを利用したオンライン調査、現地語によるアンケート
  • 【調査地域】東京(日本)、上海(中国)、ソウル(韓国)、ムンバイ(インド)、バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、ニューヨーク(米国)、ロンドン(英国)
  • 【調査対象】10歳から49歳の男女、直近半年以内のオンラインショッピング利用(購入)経験者
  • 【有効回答数】320サンプル × 8都市、計2,560サンプル
  • 【調査期間】2023年2月2日~2月12日
  • 【調査委託】クロス・マーケティング
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]