シニアのスマホ所有率がさらに上昇。70代では約8割、60代では9割超【モバ研調べ】

60~70代の大多数がスマートフォンを所持。持ち始めた時期は年代でわずかに差あり。

NTTドコモ モバイル社会研究所は、シニアのスマートフォン所有状況に関する調査を実施した。関東に住む60~79歳男女534人が回答している。

シニアのスマホ所有率は年々上昇。60代では9割を超える

60代スマホ・フィーチャーフォン所有率推移

調査によると、60代のスマートフォン所有率は年々増加しており、2023年には93%に達したことがわかった。

70代スマホ・フィーチャーフォン所有率推移

70代では前年よりも9ポイントアップし、79%に。こちらは60代に比べ上昇幅が大きく、約10ポイントのペースでの増加が続いている。スマホ・フィーチャーフォンどちらも持っていない人は6%まで減少した。

60代、70代のスマホ所有時期

スマホを持ち始めた時期としては、60代の4割が「10年以上前」と回答しており、50代もしくはそれ以前から所有していることがわかった。一方で、70代では合計で4割弱が「5年未満」「2年未満」と答えており、65歳を過ぎてからスマホを持ち始めた人も多いようだった。

調査概要

  • 【調査方法】訪問留置調査
  • 【調査対象】関東1都6県・60~79歳男女
  • 【有効回答数】534人
  • 【調査時期】2022年3月
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]