Web広告の運用は単調なのに複雑? なんと担当者の97%が「仕事に限界」を感じていた!【全研本社調べ】

「コンテンツ作成の要望に応えられない」ことが一番の苦痛。キャリア形成の悩みも。

全研本社は、「Web広告運用担当の悩み」に関する調査結果を発表した。Web広告の運用を担当している101人が回答している。

9割超が転職・キャリアチェンジを検討

最初に「Web広告運用の仕事に限界を感じたことがありますか」と聞くと、「かなりある」が50.5%と半数を超え、「ややある」46.5%と合わせると、97.0%にまで達した。

具体的に「Web広告運用の仕事に限界を感じた場面」(複数回答)を「ある」と回答した98人に聞くと、「コンテンツ作成の要望に応えられない」49.0%、「運用の経験しか積むことができない」46.9%、「成果が出ない」45.9%の3つが上位となった。

複雑な仕事内容の割に実作業が単調な点のほか、「効果が実感できない」「常にリソースが不足がち」「マンネリ」といった傾向にも不満の声があがっている。

なお「Web広告運用の仕事に刺激がないと感じたことはありますか」という質問には、「かなりある」51.5%、「ややある」35.6%と、9割近い87.1%(88人)が「ある」と回答している。この88人に「刺激がないと感じた理由」を聞くと、「クリエイティビティを発揮する機会がない」58.0%、「細かい作業が多い」42.0%、「結果が出るまで時間がかかる」42.0%が上位だった。それ以外では「飽きた」「効果が実感できない」といった意見が多いようだ。

こうした背景からか、Web広告担当の多くが転職やキャリアチェンジを検討しており、「転職やキャリアチェンジを考えたことがありますか」という質問に「かなりある」52.4%、「ややある」41.6%と回答している。

これらの人に「次の仕事に求める要素」を聞くと、「企画など上流工程に携われる」56.8%、「クリエイティブが行える」45.3%、「Web以外のマーケティングにも携われる」40.0%などが上位だった。自由意見では「きちんと目標が明確なこと」「チームで教育しながらお互いに成長できる環境」「効果が実感できる」「飽きない」などがあがった。

調査概要

  • 【調査対象】Web広告の運用を担当している人
  • 【調査方法】IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 【調査時期】2022年7月4日~5日
  • 【有効回答数】101名
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]