サードパーティーCookie廃止、「早急な対策が必要」と回答した広告代理店は約6割に【イルグルム調べ】

「媒体ごとに計測ロジックが異なり分析しづらくなる」ことに不安。

イルグルムは、「ChromeのサードパーティーCookie廃止」に関する調査結果を発表した。Web施策の支援を実施している広告代理店/コンサルティングファーム/制作会社の担当者201人が回答している。

具体的な提案は「ファーストパーティーCookieの活用」

まず「ChromeのサードパーティーCookie廃止に向け、早急な対策の必要性を感じていますか」と聞くと、「とても感じている」15.9%、「やや感じている」40.3%となり、約6割が早急な対策の必要性を感じているとした。

必要性を感じていた113人に「Web広告効果の“計測/分析”で、対応するべきだと思う理由」(複数回答)を聞くと、「媒体ごとに計測ロジックが異なり分析しづらくなるから」66.4%が最多。「CV計測精度が低下し実CVとの乖離が発生するから」47.8%、「アトリビューション分析の精度が低下するから」29.2%がそれに続く。

また「Web広告の“配信”で、対応するべきだと思う理由」を聞くと、「リタゲ含むオーディエンスターゲティング広告が制限されるから」60.2%、「ターゲティング精度が低下するから」58.4%、「今までと同様の費用対効果が得られなくなるから」40.7%が上位で、ほぼこの3つに集約された。

あらためて全体に「現在Chromeのサードパーティー廃止に向けた提案をしていますか」と聞くと、「提案している」は27.9%。これら56人に「サードパーティーCookie廃止に向けどのような対策を実施していますか/実施の予定ですか」と質問すると、「ファーストパーティーCookieの活用」57.1%、「コンバージョンAPIの活用」46.4%、「計測/分析環境の見直し」37.5%のほか、「プライバシーサンドボックスの活用」「共通IDソリューションの活用」といった意見もあがっている。

調査概要

  • 【調査対象】Web施策の支援を実施している広告代理店/コンサルティングファーム/制作会社の担当者
  • 【調査方法】IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 【調査時期】2024年2月16日~3月8日
  • 【有効回答数】201人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]