8割以上の企業が「コミュニケーション不足で業務に支障あり」。テレワークの実施状況は? 【リスクモンスター調べ】

コロナ禍でテレワークが普及する中、コミュニケーション様式の変化が業務に与える影響について調査。

法人会員向けに与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターは、第1回「コミュニケーション不足に関する影響」調査結果を発表した。コロナ禍でテレワークが普及する中、コミュニケーション不足が業務に与える影響について調べている。

84.1%の人が「コミュニケーション不足で業務に支障あり」

コミュニケーション不足によって自身の業務に支障をきたしていますか?

まず、コミュニケーション不足による業務支障の有無について聞くと、「支障あり」が84.1%となった。

コミュニケーション不足によって自身の業務に支障をきたしていますか? (属性別/単一回答)

世代別で見ると、「支障あり」と回答した割合は40代・50代が9割弱となり、年齢が高いほど業務に支障を感じている人が多い傾向が見られた。企業別では、企業規模が大きいほど「支障あり」の割合が高まった。役職別では、「管理職」の9割以上が「支障あり」と回答しており、「一般社員」や、「役員」に比べて高い結果となった。また、テレワークの実施有無別で見ると、「テレワーク実施企業」のほうがコミュニケーション不足による業務支障を感じている割合が高かった。

コミュニケーション不足によって自身の業務にどのような支障が生じましたか? (複数回答)

具体的にどのような業務の支障が生じたのかを聞いたところ、「情報共有不備」が75.3%と最も多く、全ての企業規模において1位だった。「情報共有不備」「業務の相談・質問不足」「仕事の方向性に関する認識の不一致」においては、企業規模が大きくなるほど割合が高くなる結果となり、特に「情報共有不備」では大企業と零細企業の回答率に20ポイント以上の差が生じていた。

テレワーク実施率は約3割、「望ましい伝達手段」は企業規模で異なる

テレワークを実施していますか? (単一回答)

テレワークの実施有無について聞くと、実施率は全体で32.4%であった。企業別にみると、企業規模が大きいほどテレワークの導入が進んでいる結果となった。

コミュニケーションのきっかけとして最も望ましい手段はなんですか? (単一回答)

コミュニケーションのきっかけとして最も望ましい手段について聞くと、全体では「対面」が5割を超え、ついで「チャット」「メール」「電話、オンライン通話」の順となった。企業規模別では、「対面」が全ての区分で1位となった一方で、2位の項目については大企業では「メール」、中小企業では「チャット」、零細企業では「電話、オンライン通話」と差が見られた。また、テレワーク実施企業においては「チャット」が「対面」を上回って1位となったが、テレワーク未実施企業においては「対面」が6割以上を占めて1位だった。

調査概要

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査エリア】全国
  • 【調査期間】2022年7月28日(木)~8月1日(月)
  • 【調査対象】20歳から59歳の男女
  • 【有効回収数】800サンプル
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]