外国人の86.3%が「2023年までに日本を訪れたい」コロナ禍でも高まる訪日意欲【CCI調べ】

アメリカ、オーストラリア、シンガポール、タイの4か国を対象に、訪日意欲や日本ブランドへの意識を調査。

CARTA COMMUNICATIONSは、2022年からの外国人の新規入国制限の見直しを背景に、日本をよく訪れている4か国(アメリカ、オーストラリア、シンガポール、タイ)を対象として「訪日外国人調査」を実施した。

「訪日実績」は大きく減少、一方で「訪日意欲」は8割超え

訪日実績は大きく減少したものの、訪日意欲は高まっている

まず訪日実績については、コロナ禍前後で41.3%→5.0%と大きく減少した。一方で、「2023年までに日本への訪問を検討している、検討したい」の回答の合計は86.3%となり、訪日意欲の高さがうかがえた。

日本を知るための情報源は動画共有サイトとSNS

日本を知るための情報収集源について聞くと、1位は「YouTube」で65.0%、2位は「Facebook」で57.0%、3位は「Instagram」で47.0%となった。

環境問題への取り組みが商品購入に影響?

環境への配慮・取り組みが商品購入の決め手に

また、商品の購入に際し、9割近くの人が「環境への配慮・取り組みを行っている企業の製品を買うように意識している」と回答した。地球環境問題に取り組む製品であれば、「他社より高くても購入する」という人は6~7割という結果となった。

日本のブランド製品はサステナビリティに配慮していると思うか

「日本のブランド製品は (製造・販売時に)サステナビリティに配慮していると思う」と回答した人の割合は、約6割にのぼった。

調査概要

  • 【調査方法】 アンケート調査
  • 【調査時期】 2022年8月26日(金)より開始
  • 【調査対象】アメリカ、オーストラリア、シンガポール、タイの男女25~59歳、中所得者層
  • 【有効回答数】 各国100サンプル
  • 【調査実施機関】 Syno Japan
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]