どうなる2022年の国内旅行? 意欲もGo Toトラベルへの期待も高いがオミクロンの動向次第? 【ビッグローブ調べ】

割引率など縮小された新Go Toトラベルでも、約2割が「前回以上に利用意欲あり」。

BIGLOBEは、「2022年の旅行に関する意識調査」の結果を発表した。全国の20代~60代の男女1,000人が回答している。調査時期は2021年12月7日~8日。

・関連記事

旅行の目的は「温泉」がトップ

まず全体に「現在、旅行(国内旅行)をしたいと思うか」を聞くと、「したい」47.4%、「ややしたい」19.2%と7割近くが、国内旅行への意欲を見せた。また「新型コロナウイルス感染症拡大前と現在を比較して、旅行の目的・したいことや宿泊先に求めることは変わったか」を聞くと、「あまり変わらない」33.4%、「変わらない」26.6%という人がやや多い。

「2021年10月に緊急事態宣言・まん延防止措置が解除されて以降、都道府県をまたぐ旅行をしたか」を聞くと、「2021年10月に旅行した」13.4%、「2021年11月に旅行した」15.9%、「2021年12月に旅行した・する予定」14.1%と約3割がすでに旅行済み、または年末の旅行を予定していた。複数回の旅行者もいるようだ。

旅行したいと回答した674人に「目的や旅行先でしたいこと」を聞くと、「温泉」71.1%、「グルメ」68.8%、「観光地・景勝地めぐり」65.9%が上位。「宿泊先を決める基準」については、「料金」69.1%が最多で、以下「食事の内容」53.4%、「感染対策がきっちりしている」45.7%、「温泉(大浴場)がある」44.8%、「立地」42.9%だった。

2022年1月末時点ではオミクロン株の流行により、実施が延期されているが、「前回(2020年)のGo Toトラベルキャンペーン実施当時と比べて、新たなGo Toトラベル事業に対する意欲に変化があるか」を聞くと、「前回より高まっている」18.2%、「前回と同じくらい」38.2%とした人が多かった。2022年のGo Toトラベル事業は、割引率(35%→30%)や割引上限(日帰り7000円→3000円など)が縮小されているが、それでも活用したい人は多いようだ。

新たなGo Toトラベル事業に対する意欲が「高まっている」と回答した182人に、その理由を聞くと、「国内の感染者数が減ってきたから」54.4%、「旅行を我慢する期間が長くなったから」51.6%、「自分がワクチンを接種し安心感があるから」44.5%、「全国的にワクチン接種が進んで安心感があるから」42.3%が上位だった。しかしこの前提が変わってきており、再開時期については不透明な状況が当分続くと考えられる。

調査概要

  • 【調査対象】全国の20代~60代の男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2021年12月7日~8日
  • 【有効回答数】1,000人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]