海外旅行はしたいけど、相手国の状況より「帰国後の隔離」が障壁に?【トラベルズー調べ】

旅の目的は「歴史的建造物」や「現地の食べ物」、予算は10万円台。

トラベルズー・ジャパンと南アフリカ観光局は、「今後の海外旅行意向」に関する調査結果を発表した。海外旅行再開の意欲や渡航予定時期、旅の目的や旅のポイント、南アフリカ共和国への渡航経験有無などについて、日本国内の読者会員1,706人が回答している。

・関連記事

渡航先の状況以上に“帰国後の措置が障壁に

新型コロナ対策においては11月8日に外国人旅行者の入国制限が大幅に緩和されたが、オミクロン株の出現が判明し、水際対策として改めて外国人の新規入国が停止されるなど、予断を許さない状況が続いている。

そうしたなか、一般旅行者に「海外旅行を再開したいか」という意欲について聞くと、「帰国後、日本国内での隔離期間等の各種措置が緩和されたら行きたい」63.2%が最多で、「今行きたいと考えている国・地域が観光客を受け入れるようになったら行きたい」50.8%、「海外旅行の自粛ムードが解消されたら行きたい」29.0%がそれに続いた。渡航先の状況以上に、“帰国後の措置”が旅行再開の障壁となっていることがわかる。

「すでに具体的な海外旅行計画、渡航希望時期がある」と回答した229人に予定時期を聞くと、「2022年4~6月」38.4%。「2022年1~3月」37.6%、「2022年7~9月」31.9%と、直近の長期休暇で渡航予定の人が多い。

旅の目的は異なる文化やライフスタイル、歴史的建造物や現地の食べ物に注目

「旅の目的」については、「異なる文化やライフスタイルを経験したい」27.8%が最多で、「ストレスや緊張から解放されたい」21.4%、「新しい場所、異なる場所を経験するため」21.1%がそれに続いた。

また「海外旅行を検討する際の旅のポイント」では、「歴史的建造物・遺跡などを楽しめる」16.1%、「現地の食べ物を楽しめる」15.7%、「自然景観が楽しめる」14.4%が上位だった。

さらに、海外旅行意欲のあるメンバー1,698人に、「今後の海外旅行の1人あたりの予算」を聞くと、最多は「100,000~149,999円」23.9%で、全体的に10万円以上の回答が7割を超えていた。

なお、トラベルズーが2021年1月に行った「GoToキャンペーン利用実態調査」で海外の旅行先を調査した際は、ハワイやアジアシティ(主要都市)が人気だったという。

調査概要

  • 【調査対象】日本国内の読者会員
  • 【調査方法】メールマガジンを利用したインターネットリサーチ
  • 【調査時期】2021年10月4日~11日
  • 【有効回答数】1,706人(平均年齢57.6歳。男性44.9%、女性54.6%)
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]