企業が活用しているSNS、実は1位はYouTubeだった! 2位はLINE?or Twitter?【ファベル調べ】

運用体制は、委託派・社内派、さらにハイブリッド派で分散。人手は圧倒的に不足。

Faber Company(ファベル)は、「マーケティング担当のSNS活用実態調査」の結果を発表した。同社のミエルカコネクト事業部が実施したもので、マーケティング担当465名が回答している。

SNSを使っていない企業も3割ほど存在、BtoB・BtoC・ECで傾向差あり

まず「担当する商品やサービスのマーケティング活動に活用しているSNS」を聞くと、「SNSは利用していない」28.2%が最多ながら、残る7割超はSNSを利用している。

もっとも多かったのは「YouTube」26.7%で、僅差で「Twitter」25.6%が続く。以下「LINE」「Instagram」各23.4%、「Facebook」21.7%が上位となった。ショート動画の人気の高まりなど、最新動向がうかがえる結果と考えられる。

BtoB・BtoC・ECの3つの業態別では、BtoBは「YouTube」28.9%が最多、BtoC(CtoC含む)は「Twitter」33.9%が最多、ECは「Instagram」「YouTube」各35.7%が最多となり、明確に違いが出ている。BtoBの動画では、ノウハウ系動画が多数投稿されているという。

さらに「マーケティング施策に活用しているSNSのなかで、もっとも効果が高いと感じるSNS」でも、「YouTube」16.7%が1位、2位は「Twitter」15.9%だった。業態別の差も、BtoBが「YouTube」20.7%、BtoCが「Twitter」22.3%、ECが「LINE」「Twitter」各18.2%が上位になっている。なお業種別だと、「情報・通信」「製造業・メーカー」で「YouTube」が、「飲食・小売り」「不動産・金融」で「LINE」が上位になるなど、使い分けを感じさせる。

業態別:マーケティング施策に活用しているSNSのなかで、もっとも効果が高いと感じるSNS
業種別:マーケティング施策に活用しているSNSのなかで、もっとも効果が高いと感じるSNS

SNSの運用体制、委託派と社内派で分散

これらの「SNSの運用体制(広告出稿を含む)」を聞くと、「すべて外部に委託している(企業やフリーランスなど)」19.2%、「一部は社内で運用している(外部委託と社内のハイブリッド)」42.7%、「すべて社内で運用」38.1%と分散している。

なお業態別では「EC」は84.8%が運用の全部・一部を外部に委託しており、高い比率だった。業種で見ると、「飲食・小売り」「サービス関連」は外部への委託割合が低く、手弁当の傾向が高い。一方で「担当している商品やサービスにおいて、SNS人材が足りているか」については、「足りていない」64.9%が多数派なのが現状だ。

SNSの運用体制(広告出稿を含む)

最後に「SNS人材の獲得方法」を聞くと、「既存社員の抜擢・異動」37.7%が最多で、「人材紹介」27.2%、「求人広告」25.9%がそれに続く。SNS運用に高度な専門スキルが必要なことは、まだまだ認知されていないようだ。

SNS人材の獲得方法

調査概要

  • 【調査対象】企業のマーケティング担当
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2021年9月3日~6日
  • 【有効回答数】465人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]