2021年上半期にWebサイトで使われた漢字は偏りあり? 1位「報」で2位「情」【SBテクノロジー調べ】

漢字以外だとカタカナが多い? トップ20の半分をカタカナが占める。ひらがなは4位に「の」。
よろしければこちらもご覧ください

SBテクノロジーは、「2021年上半期 使用頻度の高い文字 トップ20」を発表した。同社が提供するWebフォントサービス「FONTPLUS」が7月27日で10周年を迎えたことを記念し、利用全サイトを対象に、使用頻度の高い文字を集計した(期間:2021年1月1日~6月30日)。

使用頻度の高い文字はひらがなよりカタカナ

まず「漢字を除く日本語(ひらがな/カタカナ)・欧文・数字・記号」などを対象に集計を行った。その結果、もっとも使われていた文字は「ー(長音符)」だった。「コンピュータ」「インターネット」など、「ー(長音符)」が使われているほか、「わーい」「ありがとー」など、従来の表記が長音符で書かれるパターンも増えている可能性が考えられる。

次に「漢字」(日本語フォントに収録されている13,000字以上)を対象に集計を行った結果、もっとも使われていた漢字は「報」。続いて2位は「情」だった。

「報道」「報告」あるいは「感情」「同情」といった利用も多いと思われるが、口語・紙媒体・他メディアなどの利用漢字の頻度と異なり、インターネットサイトでは「情報」という単語が圧倒的に多用されていると推測される。

なお同社では特設サイト「FONTPLUS GALLERY」も開設中。FONTPLUS GALLERYでは、さまざまなフォントを自由に設定してサイトを閲覧できるほか、各社サイトのギャラリーも用意されている。

調査概要

  • 【調査対象サイト】FONTPLUSを利用する全サイト
  • 【調査対象の文字】漢字を除く日本語(ひらがな/カタカナ)・欧文・数字・記号などすべての文字
  • 【調査方法】使用頻度の高い文字を集計
  • 【調査期間】2021年1月1日~6月30日
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]