構造化データベース「Yext Knowledge Graph」と企業サイト内検索「Yext Answers」に新機能

米国Yext、構造化データベース構築が容易に、アプリや社内情報の検索をYext Answersで実現
よろしければこちらもご覧ください

検索クラウドプラットフォーム事業の米国Yextの日本法人、Yext(イエクスト)は、本社が構造化データベース「Yext Knowledge Graph」と企業サイト内検索ソリューション「Yext Answers」への新機能の搭載を4月14日に公表した、と4月19日発表した。構造化データベースの構築が容易になり、サポート、EC向けアプリケーションの情報や社内情報の検索をYext Answersで実現する。

新機能はYext Knowledge Graph用のウェブサイトクローラー、データコネクター、Yext Answers用開発者ツールなど。新たなデータコネクターは、サポートやEC向けアプリケーション、「Googleマイビジネス」と連携し、これらのアプリケーションで構築されたサイト上の情報を少ない手間で追加して構造化データに変換。Yext Knowledge Graph上に各種データが集約・一元化できる。

データコネクターは、企業ウェブサイトをクロールしてウェブサイト上のデータを抽出し、Yext Knowledge Graphに自動的に構造化データとして組み込むウェブサイトクローラーを含む。Yext Answers用開発者ツールは新しい「Yextコマンドラインインターフェイス(CLI)」を提供する。Yextプラットフォームにログインすることなく、使い慣れた環境でアカウント設定の管理が可能。

これらのほかファイアウォール内検索に対応し、イントラネット検索からナレッジベース(業務関連知識を集めたデータベース)の検索を可能にするセキュリティ対策を導入した。Yext Answersでは最新の自然言語処理アルゴリズム「Extractive QA」によって従来検索が難しかった非構造化の長文ドキュメントから答えを探して直接表示する。日本語対応は2021年後半か2022年ごろ。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]