MAU6,300万のnoteがフェス「note CREATOR FESTIVAL」を開催、累計29万回視聴を突破

noteは「つくると、つながる!」をコンセプトにリアル×オンラインの融合で“創作”の輪を広げる祭典「note CREATOR FESTIVAL(以下、noteフェス)」を初開催した。
よろしければこちらもご覧ください

月間アクティブユーザー数6,300万のメディアプラットフォームの「note」は2020年9月2日(水)〜5日(土)、「つくると、つながる!」をコンセプトにリアル×オンラインの融合で“創作”の輪を広げる祭典「note CREATOR FESTIVAL(以下、noteフェス)」を初開催した。
4日間で、登壇者は20人、講演数は全10講演を行い、事前申し込みが5,732人、最高同時視聴数は1,800人、配信映像は当日視聴を含めて累計29万回以上再生された。

オンライン開催では、参加者との一体感を得づらいという問題があるが、その課題を解決策として「投稿企画」「公式サポーター」という取り組みを行った。

投稿企画

投稿企画ではフェス開催前に、創作の楽しさを分かち合う「#つくるのはたのしい」をお題に、創造の楽しさを感じたエピソードを募集。13,000件以上の投稿が寄せられ、投稿作品の中からフェス開催期間中に5つの記事が表彰された。

公式サポーター

フェスをさらに盛り上げるため、先着100名(参加費3,000円)で「noteフェスサポーター」を募集した。主な役割として企画や進行の相談、事前の質問の募集など、運営側と一緒に「つくる」を実践した。ラジオ配信、サポーターのリレー記事投稿企画など、サポーターによるさまざまな自主企画が生まれた。

noteはひとびとに創作の楽しさを伝え「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」を実現するため、「note CREATOR FESTIVAL」を今後も毎年開催していく予定だ。

なお、見逃し配信として全10講演が登録なしでYoutubeで見られる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]