noteが東京証券取引所グロース市場に上場、初値は公開価格を約53%上回る521円

メディアプラットフォーム「note」を展開、合わせてロゴデザインをリニューアル

デジタルコンテンツ企画・制作・配信事業のnoteは、東京証券取引所グロース市場(高い成長可能性がある新興企業向け市場)に12月21日に上場した、と同日発表した。株価は初値が521円で、公開価格の340円を約53%上回った。同日の高値は561円、安値は421円、終値は439円だった。

noteは2011年12月に「ピースオブケイク」の社名で設立し、2020年4月にnoteに変更した。メディアプラットフォーム「note」を2014年4月から展開。クリエイターが文章、画像、音声、動画を投稿し、ユーザーが応援できる仕組みで、月間アクティブユーザー数は4000万人を超える。

株式上場に合わせてnoteは同日、ロゴデザイン、モーショングラフィックス、サウンドロゴをリニューアルし、オリジナルフォントを作成した。ロゴはnoteの「t」が「+」になった。あらゆる人がオンラインの活動拠点に使うプラットフォームとして進化することを宣言したという。

新しいロゴデザイン
「iOS」「Android」アプリのアイコンも変更
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]