WACULがデータ分析「AIアナリスト」に「広告運用のスコアリング・改善提案機能」を搭載

Google検索広告やディスプレイ広告が正しく運用できているか診断してスコアと改善策提示

AI(人工知能)活用のマーケティングツールを展開するWACUL(ワカル)は、データ分析ツール「AIアナリスト」に「広告運用のスコアリング・改善提案機能」を搭載し、一部機能を無料提供する、と12月21日発表した。Googleの検索広告や、ディスプレイ広告が正しく運用できているかなど、広告アカウントの構成と運用品質を自動診断し、スコアと改善策を示す。

同社がこれまでに手掛けた1000社以上のデジタルマーケティング支援の知見と運用実績を生かす。広告が適切な設定で運用されているかや、改善の余地がないかをシステムが自動で診断。広告の種別とカテゴリごとに細かく分析する。類似企業が成果につながっているものの、自社では取り組めていない施策が詳細に把握でき、成果が出る改善活動が可能になる。

運用型広告で重要指標となるアカウントと運用のスコアを分けて示すことで、原因が特定できるように設計している。Googleの検索広告は、設計スコアでアカウント構造、ターゲティング、広告設計、運用スコアでは予算配分、単価調整を診断。ディスプレイ広告は、設計スコアでアカウント構造、ターゲティング、運用スコアで予算配分、単価調整を診断する。

診断項目
「広告スコア」の主要ページに関する評価画面イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]