デジタルコンテンツ企画・制作・配信のピースオブケイクが社名を「note」に変更

メディアプラットフォーム「note」の月間アクティブユーザー数は4400万人を突破
よろしければこちらもご覧ください

 

デジタルコンテンツ企画・制作・配信のピースオブケイクは、4月7日に社名を「note」に変更した、と同日発表した。さまざまなクリエーターが自由に使う白いノートのようなイメージを表したという。同社が展開しているメディアプラットフォーム「note」の月間アクティブユーザー数が4400万人を超えたことも公表した。

旧ピースオブケイクは2011年12月8日に創業し、2012年9月11日にコンテンツ配信サイト「cakes」、2014年4月7日にメディアプラットフォームのnoteを始めた。社名変更の4月7日はnote開始から6周年に当たる。noteは、クリエーターが文章、写真、イラスト、音楽、映像などを配信するサイトで、ファンとの交流を支援する。l

​​​
※記事初出の時点で、コンテンツ配信サイト「cake」と記載していましたが、正しくは「cakes」です。訂正してお詫びします(20/04/08 編集部)。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]