アドビが「Adobe Creative Cloud」に含まれるツールとサービスをアップデートして提供

写真・イラスト素材「Adobe Stock」やデスクトップとの連携を強化、各種新機能も搭載

米国アドビは、クリエーター向けの統合ソフト「Adobe Creative Cloud(CC)」に含まれるツールとサービスをアップデートして提供を始めた、と6月21日発表した。写真・イラスト素材「Adobe Stock」やデスクトップ製品との連携を強化したほか、さまざまな新しい機能を搭載した。Adobe Stockのウェブサイトから画像やビデオを選択して制作物上に配置でき、アプリ内購入機能の拡張で画像編集ソフト「Adobe Photoshop」からワンクリックでライセンスの直接購入を可能にした。

Adobe Stockはさらに、大手広告代理店、企業、出版社の品質基準に合致する画像約10万点を集めたプレミアムコンテンツサービスを展開。近くプロのクリエイターが作品をAdobe Stockに提供して収益化できるようにする。このほか画像編集の「Photoshop CC」にコンテンツに応じた切り抜きや顔出ち調整などの機能を搭載した。描画ツール「Illustrator CC」は複数のフォーマットや解像度で書き出せるようにした。アップデートはデザイナーや写真家などの課題解決を目的に行った。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]