アドビが「Adobe MAX 2021」でAIによる「Adobe Creative Cloud」の強化など発表

Frame.io買収でビデオ制作の共同作業を加速、「Photoshop」「Illustrator」web版も
よろしければこちらもご覧ください

米国アドビは、オンライン開催した「Adobe MAX 2021」で「Adobe Creative Cloud」の動画像編集アプリケーションの大幅アップデートを10月26日に発表した。8月19日に買収を発表した米国Frame.ioによる映像共同制作サービス「Frame.io」で動画制作プロセスが加速化する。Web版の「Adobe Photoshop」と「Adobe Illustrato」でチームがデバイスや場所を問わずリアルタイムに関係者とコラボレーションできる。

 

Creative Cloudのアプリに人工知能(AI)と機械学習プラットフォーム「Adobe Sensei」を搭載した新機能を導入した。Photoshopには3つの「ニューラルフィルター」をデスクトップ版に追加。「Lightroom」にはパワーと精度を強化して「マスク作成」機能や「おすすめプリセット」「コミュニティリミックス」機能を加えた。Illustratorなどで3Dコンテンツやエフェクトを強化した。

Frame.ioの買収で、「Adobe Premiere Pro」や「Adobe After Effects」とFrame.ioのレビュー・承認機能を組み合わせる。Frame.ioのクラウドプラットフォームでビデオ制作に関わる関係者からのフィードバック(評価)を収集し、制作作業に貢献する。 Photoshop web版(パブリックβ版)とIllustrator web版(プライベートβ版)で関係者がWeb上で制作物を共有してコメントでき、共同作業で簡単な画像編集や調整ができる。

アドビ主導の「コンテンツ認証イニシアチブ」の一環で、Photoshopに「コンテンツクレデンシャル」機能が導入された。コンテンツ制作者のプロフィールと編集履歴を作品に埋め込む機能で、データ改ざんが難しいブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用したデジタル資産のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスで表示される。アドビが運営するソーシャルプラットフォーム「Behance」で公開し対価を得ることができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]