アドビ、Creative Cloudの最新版を発表し、モバイルアプリ群とCCデスクトップツールを連携

デスクトップとモバイルを連携するためのアプリとデスクトップツールをアップデート
よろしければこちらもご覧ください

アドビは、同社主催のカンファレンス「Adobe MAX 2014」で、アプリやストレージの利用、Webサイトの展開などが可能な「Creative Cloud(CC)」の最新版の提供を開始する、と10月6日発表した。クリエイターがデスクトップとモバイルデバイスを連携して作業を行うための新しいモバイルアプリ群と、13の主要なCCデスクトップツールのアップデートを含んでいる。

新しいCreative Cloudでは、クリエイターが作品や制作に使用するアセットやコミュニティに、場所に関係なくアクセスできる。ファイルや写真、ブラシ、フォント、グラフィックスなどのアセットがいつでも利用できる。モバイルアプリでは、Photoshop CCやillustrator CCとPhotoshop Sketch(従来のAdobe Sketch)やillustrator Draw(従来のAdobe Ideas)がワークフローを統合し、新しい環境を実現するという。

アドビ
http://www.adobe.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]