凸版印刷が消費者の潜在意識を脳活動で分析する調査メニューを追加、マーケ部門に販売

消費行動研究室が提供、NeUの携帯型脳活動計測装置使い、直感的な感覚を可視化
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷は、消費財メーカー向けに提供してきた消費者の潜在意識を把握する委託調査や自主調査メニューに、消費者の生体反応を分析する脳活動計測技術を活用した調査を新たに加えた、と3月17日に発表した。同社のマーケティング・リサーチ部門の消費行動研究室が提供する。

 脳血流測定を活用した購買行動分析調査の様子

脳科学の産業応用事業のNeU(ニュー)の携帯型脳活動計測装置「HOT-2000」で消費者インサイトを分析する。前頭前野の脳血流反応を計測して活動状況を数値化するシステムで、商品パッケージやPOP(購買時点)広告など販促ツールが商品選択や購買決定にどう機能しているか、直感的な感覚や無意識的な反応を定量化・可視化する。

NeUが開発した携帯型脳活動測定装置「HOT-2000」

凸版印刷は、消費者インタビューやアンケート、視線を追うアイカメラの行動視察など従来の手法に脳血流測定を組み合わせた購買行動把握調査で、企業の商品開発や販売促進活動を支援する。価格は350万円から。消費財メーカーのマーケティング部門に拡販し、2020年に関連の受注含め約15億円の売り上げを目指す。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]