ストックマークが「LINE」トークをAI分析、顧客最適アプローチの概念実証実験を開始

AI営業支援「Asales」が自動で提案、オープンハウスが22万件のトーク提供

ビジネス意思決定を支援するサービス開発・運営のストックマークは、AI(人工知能)を活用した営業提案手法の開発と、CRM(顧客関係管理)システム構築でPoC(Proof of Concept)=概念実証実験=を始める、と3月17日に発表した。コミュニケーションアプリ「LINE」のトークを最先端の自然言語処理技術で分析し、顧客が満足する最適な提案を自動でつくり出すことを目指す。

実験には、「LINE」とつながる唯一のビジネスチャット「LINE WORKS」を提供しているワークスモバイルジャパン▽2017年2月からLINE WORKSを使って約22万件のトークを蓄積した不動産業のオープンハウス▽クラウド型CRM「Salesforce」を提供するセールスフォース・ドットコム▽Salesforceを軸にクラウドソリューションを展開するサンブリッジ--の4社が協力する。

実現イメージ

ストックマークは東大発ベンチャーで、最先端の文章読解技法「BERT」を搭載した営業支援プラットフォーム「Asales」を提供中。実験では、オープンハウスの営業担当者と顧客のLINEトークを、個人が特定できない形でAsalesが分析する。CRMに集約した不動産成約事例や自社サイトの行動履歴なども分析する。

LINEトークと販売成績と紐づけたAI学習で成約につながるアプローチを分類し、販売成績上位の営業担当者に共通するコミュニケーションを可視化。最適トークやアプローチのタイミングを営業担当者に推奨する。「いつ」「誰に」「何を」アプローチすればいいかをAIが自動で提案することで、機会損失を防止する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]