凸版印刷が「お買い物アプリ」の集客機能を強化、ビーコン連動で店内行動を可視化

流通・小売向けアプリプラットフォーム、来店状況に応じたキャンペーン抽選機能も搭載
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷は、2013年12月から提供中の流通・小売向けアプリプラットフォーム「お買い物アプリ」の集客機能を強化して10月22日から販売を始める、と同日発表した。ビーコン(電波受発信器)でユーザーの店内行動を可視化し、来店状況に応じたキャンペーン抽選機能を追加した。集客から再来店までの購買プロセスにあわせ、リアルとデジタルの行動データを起点にしたデジタルマーケティング施策の展開ができるようになった。

「お買い物アプリ」で強化した集客機能(左上)

 

リアル行動データプラットフォーム運営のunerry(ウネリー)が提供するリアル行動データプラットフォーム「Beacon Ban」と連携する「Beacon Bank SDK」を搭載し、アプリユーザーの属性とBeacon Bankのリアル行動データを組み合わせた計測・分析が可能になった。来店やアプリ内の行動履歴、ポイントカード情報など顧客データをもとに、ビーコンを活用したリアルタイムプッシュ配信や、来店頻度に応じた情報配信ができる。

来店や特定の棚への接近を応募条件にしたキャンペーンを作成して、アプリの日常的な利用や再来店を促進する。キャンペーン当選者にデジタルクーポンを即時配信して更に購買意欲を向上できる。お買い物アプリは、会員証やポイント管理、クーポン、電子チラシサービス「Shufoo!」との連携機能を標準装備し、MA(マーケティング自動化)やDMP(データマネージメントプラットフォーム)ツールと連携するAPIも備えている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]