凸版印刷がAI分析でパーソナライズした化粧品を販売する「AIレコメンドベンダー」開発

AIが瞬時に複数商品を組み合わせ、オリジナルパレットを自販機のように非接触で提供
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷は、AI(人工知能)で瞬時に顔を分析し、パーソナライズした複数の化粧品を組み合わせてその場で提供する「AIレコメンドベンダー」を開発して1月から本格運用を始めた、と1月12日に発表した。カネボウ化粧品のブランド「KATE」の「KATE iCON BOX」として採用された。26色のアイシャドウから4色を提案・カスタマイズして、約35万通りの色の組み合わせからオリジナルのアイシャドウパレットを自販機のように提供する。

AIレコメンドベンダー(画像は「KATE iCON BOX」の展開イメージ)

従来の自販機は一度の注文で一商品の販売だが、AIレコメンドベンダーは一度の注文で複数個の商品を同時に組み合わせて販売することができる。KATE iCON BOX専用にデザインされたパッケージの中のアイシャドウ保護シートに名入れ機能があり、世界で1つだけのオリジナルパレットを提供する。顔の印象分析をもとに提案されたオリジナルパレットの画像をスマートフォンに保存して、SNSでシェアすることも可能。

AI技術による顔分析から、おすすめ商品レコメンドへの流れ

化粧品業界はAIを活用したセルフ型の顔分析ツールはあるが、分析結果が購入に結び付いていないのが課題だった。凸版印刷は、AI技術で顔印象分析から商品提供まで一気通貫できるAIレコメンドベンダーを開発することで、利用者一人ひとりにあった商品をコロナ禍で求められる非接触で提供することを可能にした。化粧品業界に向けて拡販し、2025年までに全国で100台の設置を目指している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]