凸版印刷が顧客企業ごとにセールス専用Webサイトを構築するツール「SALAD-BAR」開発

提案商材やメッセージを変えて1社1社個別に最適化したサイトで効果的な営業活動に貢献
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷は、取引先企業ごとにセールス用のWebページを構築するツール「SALAD-BAR(サラダバー)」開発して10月11日から提供を始めた、と発表した。総花的な内容となるカタログや冊子と異なる営業提案ができるWebページを、取引先企業の1社1社にオーダーメイド感覚で作成して効果的なセールス活動ができる。個別のWebページは専門的な知識がなくても担当者が直感的な操作で構築できる。

「SALAD-BAR」サービス概要

セールス用Webページは、企業ごとに提案したい商材やメッセージを変えられ、営業担当者のメッセージや顔写真も追加して特別感のある提案を演出できる。素材を選んで並べるだけの直感的な操作でWebサイトを構築可能で、特別な知識や技術、専用機材も必要ない。SALAD-BARで作成されたWebサイトを組織内で共有し、営業スキルやノウハウを可視化して組織全体の営業力向上につなげる。

「SALAD-BAR」を使ったWEBサイト作成イメージ

 

コロナ禍で営業機会を損失して十分な情報提供をできない課題を多くの企業が抱えており、新たなセールス手法を確立するためSALAD-BARを開発した。顧客ごとにオーダーメイド感覚の提案用Webページを作成して、非対面コミュニケーションの活性化を支援する。ニューノーマル時代の新たなセールス手法としてまず自社内で活用してサービス拡張を進め、幅広い業種・業界向けに拡販して2025年度までに200社以上の導入を目指す。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]