DNPが「バーチャル接客サービス」に決済までワンストップの「ライブコマース機能」搭載

VRゴーグル不要の「フェイストラッキング機能」も、テレワーク推進や障害者雇用を支援
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷株(DNP)は、VR(仮想現実)技術を活用してバーチャルキャラクターが店舗やイベント会場で接客やデモンストレーションをする「DNPバーチャル接客サービス」に、人の顔などの動きを読み取る「フェイストラッキング機能」と、オンラインで決済できる「ライブコマース機能」を新たに搭載した、と3月17日に発表した。コロナ禍で需要が高まった非接触のオンライン接客の質の向上と、業務効率化を支援する。

遠隔地のオフィスや自宅から自分の動きにバーチャルキャラクターを同期させ、店舗でディスプレーを見ている顧客を接客する。従来はVRゴーグルとコントローラーを装着して操作していたが、VR/AR(拡張現実)活用コンサルティングのキッズプレートと連携して、カメラで人の表情を読み取るフェイストラッキングとキーボード操作だけでシンクロできるようにした。操作が容易になり動作にエンターテイメント性を高めた演出もできる。

 

ゴーグルとコントローラーによるキャラクター操作(左)、新機能によってこの機材が不要に(右)

ライブコマース機能は、成長支援事業のギブリーのライブコマース「Virtual Store」を導入し、オンライン接客しながら顧客は商品・サービスの選択や購入・申し込みまで一元的に行える。これまでは決済機能と連動しておらず、顧客が購入する際は画面を切り替えてECサイトに移動したり、リアルなレジに移動したりしていた。販売員は自身の顔やキャラクターで接客し、カメラで店内を映して商品を見せる提案活動もできる。

 

ライブコマースの画面イメージ

DNPは、DX(デジタル変革)で新しい購買体験を提供する「ストアDX」に注力しており、家電量販店や携帯電話販売店などに向けて提供していく。機能追加は導入企業の販売員などから寄せられたニーズに対応した。また、「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包括)」の取り組みとして、移動が困難でも遠隔地から接客できることから、車椅子の利用者や障害者など多様な人材の雇用機会の創出に貢献できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]