DNPが店頭での会話と行動データからインサイトを解析するサービスをトライアル提供

メーカーや流通企業向け、取得データと分析をフィードバックし、企業はCX向上に活用
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)は、店舗に設置したマイクとカメラのセンシング機器で接客時の会話と来店客の行動のデータを取得して、生活者の潜在的な購買欲求(インサイト)を解析・可視化する「DNP店舗内CX(顧客体験)解析サービス」のトライアル提供を5月18日から始める、と同日発表した。流通・小売企業やメーカー向けトライアルで、2022年に本サービスとして提供し、2023年度までに関連サービスを含めて約20億円の売上を目指す。

店内設置のマイクとカメラでデータを取得・活用するイメージ

 

店員が接客している時の音声データと顧客の行動データを店舗内のセンシング機器が取得する。データを解析して結果を一覧表示するツールのダッシュボードで可視化し、顧客のインサイトを分析する情報として企業にフィードバックする。企業は解析データをマーケティング活動や商品・サービスの改善のほか、店頭での販促施策の改善、店員の教育や接客スキルの平準化などCX向上に活用することができる。

コロナ禍をきっかけに、商品やサービスを店舗で販売するだけでなく、興味関心を探るマーケティングや企業価値を高めるブランディングのための空間として店舗を活用する動きが流通・小売やメーカーに加速している。マイクとカメラで取得する情報は個人を特定できないよう統計化して活用するが、DNPは今後、店舗や接客条件の違いを加味してマーケティング活動に必要なデータの取得・解析の精度を向上させる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]