DNPがバーチャルキャラクターと対話AIを組み合わせた接客サービスのプロトタイプ開発

エンタメ性の高い対話でバーチャルキャラクターが小売店や商業施設、メタバースで接客

大日本印刷(DNP)は、日本語AI(人工知能)対話エンジンを開発・提供するウェルヴィルの「LIFE TALK ENGINE」を用いて、バーチャルキャラクターが小売店や商業施設で接客するサービスのプロトタイプ(試作品)を開発した、と5月10日に発表した。会話の内容からバーチャルキャラクターが表情豊かに返答し、エンターテイメント性の高い対話型コミュニケーションの体験を提供することができる。

バーチャルキャラクターにAIを搭載した接客サービス

 

ヒトと自然なコミュニケーションを実現するLIFE TALK ENGINEを搭載したDNPオリジナルバーチャルキャラクターを設計して提供するサービス。リアル店舗のサービス情報を事前にAIエンジンに登録した上で、バーチャルキャラクターが施設や商品の紹介、接客などをする。接客のシーンに合わせて短期間で柔軟に変更や修正ができ、ヒトが発話する言葉の意味だけでなく声で感情も判定してリアルタイムに返答できる。

人手不足の小売業界ではECと差別化できる優秀な接客スタッフの確保が重要で、バーチャル空間のメタバースでの買い物やイベントでAI搭載のキャラクターのニーズも高まると想定される。2023年度中のサービス開始に向けて5月下旬に「東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA」(東京都渋谷区)に展示して検証・調査する。スマートフォンに表示して観光スポット案内や店舗を紹介する「街歩き×対話AI」の観光DXサービスも検証する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]