千葉市幕張新都心で無人自動走行ロボットを実証実験、購入商品を近隣マンションに配送

京セラコミュニケーションシステム、イオンスタイル幕張ベイパークから指定マンションへ

ICTや通信エンジニアリングの京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、千葉市幕張新都心の公道で無人自動走行ロボットを活用し、店舗で購入した商品を指定マンションまで届けるサービスの実証実験を3月10日から始める、と3月9日発表した。商業施設の「イオンスタイル幕張ベイパーク」が協力し、事前登録したモニター参加者が店舗脇の停止場所でロボットに商品を預け、自宅マンション近くの停止場所で受け取る。

1台のロボットが商業施設と2棟のマンションの間を巡回し、重量物やかさばる荷物の持ち帰りを支援する。搭載する共用ロッカーには大中小のサイズがあり、タッチパネル操作で開閉する。ロボットの活用は、人手不足が深刻化するラストワンマイル配送の課題解決や、配送効率化の実現に期待されている。ロボットは、ミニカー(長さ2.5m×幅1.3m×高さ2.0m以下)に準じた大きさで、最高速度は時速15km。

ロボットの走行状況を常時遠隔監視し、自動回避が困難な状況では近接か遠隔操作に切り替えて走行する。公道(車道)実証に当たって関東運輸局から保安基準緩和認定を受け、千葉県警から道路使用許可を取得した。国家戦略特区に指定され、先進的なモビリティサービスの活用を目指す千葉市の支援を受けて行う。今後、商品を届けるだけでなく、移動販売や巡回警備のニーズなど課題に即したサービス実証も行う予定。

実証実験のイメージ
走行予定エリア
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]