電通グループがクリエイティブのAI自動生成ツールでCX向上を支援する「CXAI」を提供

SNSやWebサイトなど顧客接点を向上、クリエイターのノウハウ搭載AIをカスタマイズ構築
よろしければこちらもご覧ください

電通とデジタルマーケティング事業の電通デジタル、ITソリューションの電通国際情報サービス、人工知能(AI)開発のデータアーティストは、広告から販促、広報、問い合わせ対応などのクリエイティブ(制作物)表現を自動生成するAIツールを企業ニーズに応じてカスタマイズ構築するサービス「CXAI(シーエックスエーアイ)」の共同提供を始める、と5月18日に発表した。企業は自動生成AIでさまざまなクリエイティブ制作を内製化できる。

CXAIのサービス概要

CXAIは「CX(顧客体験)向上を支援するAI」で、電通グループが開発・運用する「クリエイティブ分析・自動生成ツール」の15種類以上のAIから企業ニーズに応じて機能を組み合わせ、オリジナルAIツールとして提供する。電通グループが制作してきた大量のクリエイティブ表現や効果、クリエイターのノウハウを搭載したAIで、制作物のクオリティーが向上するだけでなく多パターン制作やパーソナライズもできる。

CXAIの導入例

 

企業のマーケティングや事業戦略では、SNSやWebサイト、問い合わせ窓口など顧客接点の満足度を向上させるCX設計の重要性が増している。多様な接点のあらゆるニーズに応える制作物が必要で、表現の効果が事前に分からない課題を解決するため、企業にCXAIを提供する。AIのアルゴリズム(計算手法)をゼロから開発することなく、さまざまな制作物の表現開発を自動・半自動化して、マーケティング効果を向上させる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]