タクシーのガラス窓に広告を映す国内初のモビリティサイネージサービス「Canvas」開始

ニューステクノロジーとS.RIDE、6月1日から「JPN TAXI」の後部座席左側の車窓で展開
よろしければこちらもご覧ください

総合PR事業のベクトルのグループでコンテンツ制作・サイネージ(電子看板)のニューステクノロジーは、タクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」を展開するソニーグループのS.RIDEと、タクシー窓ガラスに広告掲示する車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」を6月1日から東京都23区で始める、と3月17日に発表した。国内初サービスを「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」車両で展開する。

JPN TAXI車両で展開する「Canvas」発表会で西浦賢治・S.RIDE社長(左)と三浦純揮・ニューステクノロジー代表取締役。東京都大手町で2021年3月17日

Canvasは、都内を走るタクシーが客を乗せていない空車時間を活用して後部座席左側のサイドガラスに静止画の広告を映し出す。ガラス大手のAGCが独自開発したガラス製透明スクリーン「グラシーン」を搭載し、後部座席右側天井のプロジェクターから画像を投影時はクリアなクリエイティブを映し出し、投影していない時は透明な窓ガラスとなる。車窓サイネージでグラシーンの導入は日本で初めて。

「Canvas」発表会で車窓に画像を表示したJPN TAXI車両。東京都大手町で2021年3月17日

国際自動車と大和自動車交通の2社100台でCanvasをスタートさせ、広告リーチは1カ月で600万人を想定。2022年には1000台にするなど段階的に対象車両を増やし、S.RIDE加盟のタクシー事業社が保有するJPN TAXI車両全てに搭載する予定。配車アプリのS.RIDEで取得した位置情報と連携して、「1時間後に映画上映」のような場所や時間を特定したキャンペーン広告や、「熱中症に警戒」のような公的メッセージ表示の開発を進める。

ニューステクノロジーは、ソニーやタクシー事業者の出資で2018年設立のS.RIDE(「みんなのタクシー」から2021年1月1日に社名変更)と連携して、都内最大級のタクシー内メディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」を運営してきた。Canvasは、歩行者の目線と同じ高さの車窓をサイネージにするため視認性が高く、新たな広告媒体に育ててタクシー空車時間をマネタイズするDX(デジタル変革)に貢献する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]