第15回「Twitterの透明性に関するレポート」を発表、強制的に削除する対応が増加

「Twitterルール」に違反する可能性があるコンテンツの積極検出の取り組みを強化

米国Twitterは、「Twitterの透明性に関するレポート」を11月1日発表した。2012年7月から年2回公表し、今回は第15回。2019年1月1日~6月30日が対象期間となる。Twitter上の禁止事項を定めた「Twitterルール」に違反している可能性があるコンテンツを積極的に検出する取り組みを強化し、強制的に削除する対応が増えた。

検出は利用者の報告ではなく技術を活用。利用者の負荷が大幅に軽減する。現在、攻撃的な行為でTwitterが削除したツイートの50%は技術に基づく。1年前は20%だった。今回初めて、ブランドや組織のふりをするなりすましに関するデータを盛り込み、Twitterルール違反でロックか凍結したアカウントは前回から105%増えた。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]