「Twitter」上の禁止事項を定めている「Twitterルール」刷新、簡素で分かりやすく

英語版は600語、「セキュリティ」「プライバシー」「信頼性」のカテゴリーに分類

米国Twitterは、「Twitter」上の禁止事項などを定めている「Twitterルール」を刷新した、と6月7日発表した。簡素で分かりやすくし、英語版ではこれまでの約2500語を600語以下にした。併せて各ルールを「セキュリティ」「プライバシー」「信頼性」の各カテゴリーに分類して整理した。

Twitterルールは、利用者が自由に安心して会話に参加できるように設けられ、暴力、嫌がらせやそれらの類似行為を禁じている。時間の経過によって新たなルールを加えたり更新したりしてきた。しかし変更を重ねることでルールが複雑になり、理解が難しくなっていたことから、刷新した。

英語版は600語に減らすと同時に、それぞれのルールについてTwitter上で許されていないことを280語以下で明確にした。さらに、利用者が目的の情報が素早く見つけられるようセキュリティ、プライバシー、信頼性の各カテゴリーに沿ってまとめた。日本語のTwitterルールも公開されている。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]