電通グループ3社がAIによるクリエーティブ評価機能「AIアートディレクター」を開発

バナー自動生成AIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」に機能を搭載して運用を開始
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業の電通デジタル、電通、人工知能(AI)開発のデータアーティストの電通グループ3社は、AIによるクリエーティブ(制作物)評価機能「AIアートディレクター」を開発し、バナー自動生成AIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER(アドバンストクリエーティブメーカー)」に搭載した、と5月28日発表した。同日運用を始めた。

AIアートディレクターは、アートディレクターやデザイナーなどの専門家が持つ広告効果の高いバナー広告判断のスキルを数値化。AIが傾向を学習することでバナー広告を自動で選別する機能となる。ブランド向上が目的のブランディング広告と、購買につながる反応を得るためのダイレクトレスポンス広告のどちらに有効な表現か、などが分かる。

 

KPI(主要業績評価指標)に応じたバナーの広告効果予測にも対応し、人が制作したバナー表現案にも適用できる。ADVANCED CREATIVE MAKERはバナー広告の制作時間短縮ニーズを受け、AIを使ってバナー広告を5秒に1枚の速さで大量に生成するツールとして2018年5月にβ版を開発。その後性能向上を進め、今回AIアートディレクターで高度化した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]