20代のSNS利用調査。LINEとTwitterの利用率が高い【テスティー調べ】

テスティーはミレニアル世代のSNS利用に焦点を当て、20代の男女1,020名を対象にアンケート調査を実施した。

テスティーはミレニアル世代(※)のSNS利用に焦点を当て、20代の男女1,020名(男性501名、女性519名)を対象にアンケート調査を実施した。

※ミレニアル世代: 1980年以降に生まれ、2000年代に成人あるいは社会人になった層を指す。インターネットが普及した環境で育った世代であり、デジタル・ネイティブとも呼ばれる。

利用SNS: LINEとTwitterが強い。Instagramは男女差あり

利用しているSNSを聞いたところ、LINEが8割前後、Twitterが5割超となった。Instagramは女性の5割弱に対して男性は3割弱と性別で大きな差異が見られた。Facebookは3割前後。

また、各SNSにおいて企業アカウントとの接触、意識に関して尋ねたところ、以下のような結果になったという。

【LINE】
  • 企業アカウントを友達登録していると回答した人は男性で50.4%、女性で67.1%。
  • 企業アカウントからのメッセージを確認するかを尋ねると、男女ともに6割以上が「確認する」もしくは「たまに確認する」と回答。
【Twitter】
  • 男性で43.0%、女性で50.9%が企業アカウントのフォローをしていると回答。
  • フォローしている企業の投稿に対して「詳細を確認する」と回答した人は男性で57.3%、女性で56.9%。
【Instagram】
  • 企業アカウントの投稿へのアクションとして「詳細を確認する」と回答したのは、男性で19.9%、女性で42.1%。
  • 欲しい商品を「ハッシュタグ検索」したことがあると回答した人は、男性で54.8%、女性で67.8%。

購入した商品はSNSで共有。アップ先はTwitterが多い

商品購入時の共有方法は男女ともに「SNS」、「口頭」、「ブログ」の順となった。また商品購入時にSNSへ商品写真や情報をアップするか聞いたところ、男女ともにTwitter利用者が共有を行う比率が高かった。

「SNS投稿を見て購入した」は男性3割、女性4割。友人や芸能人の影響が大きい

SNSの投稿を見て、実際に「商品を購入したことがある(欲しい商品が決まっている場合を除く)」と回答した人は男性で30.4%、女性で41.5%。

商品購入経験者にSNSの投稿で「最も影響を受けた」人物、アカウントを尋ねたところ、男女ともに第1位は「友人」で5割弱、第2位は「芸能人」の4割強となった。「企業ブランド」は男女ともに3割弱となっている。

調査概要

  • 【調査対象】スマートフォンアンケートアプリ「TesTee」のモニターのうち、20代の男女
  • 【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
  • 【調査時期】2018年3月1日~3月2日
  • 【回答者数】1,020名(男性501名、女性519名)
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

アップセル
アップセルは、「より高いものを買ってもらうこと」を意味する。目的は、顧客当たりの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]