サイバーエージェントが「Ameba」で縦型動画広告「Amebaバーティカルビデオ」提供

スマートフォンの画面に対応、ブログ面でプレーヤーを立ち上げることなく自動再生

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社が運営するコミュニケーションサービス「Ameba」で、縦型動画フォーマットの広告商品「Amebaバーティカルビデオ」の提供を4月に始めた、と4月25日発表した。Amebaのブログ面でプレーヤーを立ち上げることなく、自動再生する縦型動画広告商品となる。バーティカルは「縦型」を意味する。

Amebaバーティカルビデオは比率9:16と、スマートフォンの画面に対応した縦長のフォーマットで視認性が高い。企業は、1月時点で2500万人を誇るAmebaユーザーに向けて商品・ブランドがアピールできる。Ameba内に蓄積した膨大なユーザーデータの活用によって、性別や年齢などの属性や趣味・好みに基づいたターゲティング配信も可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]