IAB Japan (JIAA)発足へ、日本インタラクティブ広告協会がIABのライセンスを取得

IABのライセンスを取得した43カ国目の組織へ
よろしければこちらもご覧ください

一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)は2月1日、米国インターネット広告団体のInteractive Advertising Bureau(IAB)と正式に提携し、IABのライセンスを取得した43カ国目の組織になったと発表した。IABグローバルネットワークでの組織名は「IAB Japan (JIAA)」。

JIAAは、インターネット広告の健全な発展、ビジネス環境の整備を目的に1999年に設立。近年はインターネット広告の発展とともに、プライバシーポリシー、行動ターゲティング広告、ネイティブ広告などのガイドラインや、広告測定指標の整備などに取り組んできた。

JIAAとIABの連携は2014年に始まり、「政策・プライバシー」「測定・ビューアブルインプレッション」「不正広告」などの課題解決、グローバル調査などで協力。今回の提携以降、JIAAは改めてIABと密に連携しつつ、インターネット広告産業の発展と信頼確保に努めていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス