インターネット広告推進協議会、米国インタラクティブ広告業界団体のIABと提携

デジタル広告領域で世界や日本の動向に関する情報共有や意見交換、調査など実施

インターネット広告ビジネスに関わる企業で組織する一般社団法人インターネット広告推進協議会(JIAA)は、米国ニューヨークに本拠地があるインタラクティブ広告業界団体、The Interactive Advertising Bureau(IAB)と提携する、と8月21日発表した。インタラクティブ広告の知見を共有する関係を構築し、デジタル広告領域で世界や日本の動向に関する情報共有や意見交換、共同調査、共同啓発事業などを実施する。

IABは、米国オンライン広告販売の86%を占める600以上の主要メディアや技術企業で構成する。提携によって、JIAAが日本で実施する業界問題への対応のベースになるよう、世界的に集積した知識や最良の方法を提供する。提携は広告規格に加え、自主規制、公共政策、知的財産侵害についての情報交換や意見交流も含む。両者は東京やニューヨークでの共同啓発イベントや、世界的な共同リサーチプロジェクトも計画する。

一般社団法人インターネット広告推進協議会
http://www.jiaa.org/

The Interactive Advertising Bureau
http://www.iab.net/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]