サイバーエージェントのAI研究組織が米国イェール大学の研究者をアドバイザーに招請

最先端の経済学の広告技術への応用が目的、新世代の広告配信技術の研究・開発を推進
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントで広告技術サービス開発を行うグループエンジニア横断組織、アドテクスタジオは、人工知能(AI)研究組織、AI Lab(エーアイ ラボ)で米国イェール大学経済学部の研究者、成田悠輔さんをアドバイザーに招いた、と11月25日発表した。最先端の経済学の広告技術への応用を目的にする。広告によるユーザー体験やブランド体験への影響の因果関係の推定や、広告取引での価格決定メカニズムの改善といった課題に取り組む。AI Labはこれまでに東京大学、明治大学、静岡大学、電気通信大学と連携している。

成田さんは東京大学を卒業し、同大学院を修了した後、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得した。現在はイェール大学の経済学部などで研究している。因果推論・計量経済学とその市場設計(マーケットデザイン)・教育・労働などへの応用で期待される。因果推論・計量経済学は、社会現象・人間行動の理論モデルとデータ、統計学の手法を組み合わせ、政策やサービスの効果を評価・予測する学問を指す。AI Labが持つ機械学習の技術と、計量経済学やマーケットデザインの考えを組み合わせ、新世代の広告配信技術の研究・開発を進める。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス