サイバーエージェント、人工知能を活用した広告配信技術の研究開発組織「AI Lab」を設立

アドテクノロジー事業の拡大と、最適な広告配信技術を研究・開発することが目的
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントでアドテクノロジー分野のサービス開発を行うアドテクスタジオは、アドテクノロジーの広告配信技術の研究・開発を目的にした組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」を設立した、と1月19日発表した。人工知能(AI)を活用したビジネスは、2015年の国内市場規模が3兆7450億円で、2020年には23兆638億円になるとの予想などから、アドテクノロジー事業の拡大と、最適な広告配信技術を研究・開発することを目的にAI Labを設立することにした。

AI Labは、2月から東京大学大学院新領域創成科学研究科で人工知能・機械学習・データマイニングの研究を行う佐藤一誠氏をアドバイザーに迎える。佐藤氏はデータマイニング・機械学習分野の国際カンファレンスに恒常的に登壇するAI分野のトップリサーチャーで、AI Labは今後、佐藤氏と共に最先端の人工知能・機械学習についての研究と、研究成果をアドテクノロジーに応用することで、付加価値の高い広告プロダクトを開発していく。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

サイバーエージェント・アドテクスタジオ
http://www.cyberagent.co.jp/recruit/special/career_adtech/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]